ホーム> 事業内容> 調査研究事業

調査研究事業

当財団の調査研究事業は研究部が担当し、世界の石油・天然ガスの探鉱・開発、国内の地熱探査開発に係る調査研究を行っております。
研究部では物理探査、地質、油層・生産分野の経験豊富な技術者が在籍し、世界の堆積盆地の地質評価や開発可能性評価、産油・産ガス国の石油・天然ガス事業に係る動向調査の他に探鉱・開発に係るデータベースの運用管理も行っております。
また、平成26年度より国内の地熱事業に係る調査研究も業務の対象としています。

ICEPは平成4年11月の設立以来、100名以上の石油開発専門家によって世界の石油・天然ガス上流事業に係る評価等作業を行ってまいりました。
今後も、会員企業他、関係者のご協力を得て石油・天然ガス・地熱の上流事業に係るより適切な評価を行うよう努力してまいります。

地下の石油・天然ガスの評価を行いたいがマンパワー的に問題があるような場合、ICEP は守秘義務を遵守し、ニュートラルな立場で適切な評価を行える組織ですので、 是非、お問い合わせください。依頼主の期待に応えることができると自負しております。

問い合わせ先はこちら